あなたの周りにインパクトある言葉は溢れてる

「おめでとうございます。当選しました。」



こんなタイトルのメール、
見たことないですか?



いきなり、「おめでとう!」 で始まっているわけです。



中身を見たって、応募したような内容じゃない。



見ると、


私(差出人)の流す貴重な情報にありつくことができて良かったですね。 おめでとうございます!



っていうこと?



「自分の書いたメルマガを見てもらいたい。」



誰だって、そう思っているはず。



メールがボックスに届いたら
目に入るのは差出人とタイトルだけですから
そのタイトルに 「おっ!」と思わせるような
インパクトを持たせることは必要なことです。



だけど、こんなタイトルつけちゃダメです。




信頼度を低下させることになりますし、
解除されてしまいます。



そのメールタイトルですが、


効果的なつけ方は


もちろん、続き(中身)を読みたくなるようにつけることが大切ですが
短い文字数で相手の気を引くようなインパクトあるモノにしないといけません。



普通の言葉には誰も反応しませんからね。


では、インパクトある言葉って何?


周りを見渡すといろいろありますよ。



例えば、



通勤電車での中吊り広告。


人の目を引くキャッチコピーがたくさん書かれています。


そして、


そこで気になった言葉、キャッチコピーは控えるといいでしょう。
スマホのメモ帳に書き込むと早いですね。


メモしておくと、
いつでも確認ができますから効果的です。


あとは、雑誌の表紙や新聞広告、
折込みチラシなんかも参考になりますよね。



デカく書かれている言葉など、あなたの目に止まった言葉こそ
それがインパクトある言葉です。



例えば、こんな言葉ってよく紙面を踊ってますよね。


初披露、秘密、暴露、急展開、秒読み、ピンチ、極秘情報など・・・


気になってしまう言葉だと思います。



それと同じで



このような言葉を
メールの件名に入れると効果的です。




あなたも電車やバスに乗ったときは
車内に貼りめぐらされている広告を見てみてください。



そして、気になる言葉があったらメモをとるようにしましょう。



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 


こちらの My YouTubeチャンネル。

https://bit.ly/2SZbokb


刺激がほしいという方、ご覧になってください。


激しい刺激
面白い刺激
可愛い刺激
懐かしい刺激
どっきり刺激
ほっこり刺激
素敵な刺激
食の刺激


これからいろいろな刺激動画がアップされるので、
楽しみにしてくださいね。


この記事へのコメント